続・SE徒然記

アクセスカウンタ

zoom RSS つらつらと思いつくままに 〜その347:日本ユーザには受け入れられないかも〜

<<   作成日時 : 2011/11/30 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

IT(最近はICTと言うらしいですが:http://www.sophia-it.com/content/ICT)的には、「当たり前のはずなんだけどなぁ・・・」と言うサービスが、ようやくクラウド環境でも整いつつあるようです。

【クラウドは「障害が起こる」前提で使う】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111122/374829/

クラウドはそもそも、ユーザーのシステム運用負荷を下げられることがメリット。そのため、信頼性についてはある程度の割り切りが必要だ。

『「多くのIaaSの中でも、最も豊富な障害対策機能を備えている」(TISの社内ベンチャーであるSonicGardenでインフラ運用を担当する安達輝雄氏)と目されているのは、IaaS大手の米アマゾン・ウェブ・サービシズが提供する「Amazon EC2」だ。

EC2では、仮想マシンのデータを複数の方法でバックアップできる


提供形態によってSaaS、IaaS、PaaSの3タイプに大別できるクラウドサービスのうちPaaSでは、障害対策機能がIaaSよりも自動化されている。グーグルの「Google App Engine(GAE)」では、ユーザーのデータは標準で2カ所のデータセンターに保存される。米マイクロソフトのPaaS「Windows Azure Platform」の場合、異常終了した仮想マシンは自動的に再起動される。

 アプリケーションと仮想マシンをまとめて提供するSaaSでは、ハードやソフトの障害対策はすべて、クラウド事業者が実施してくれる。逆に言うと、障害に備えてユーザーができることはほとんど無い。

 現時点では、障害対策が不十分なクラウドサービスは少なくない。そういったサービスの場合は、データを必ずローカルにも保存するといった自衛策が欠かせない。


割と良くある誤解が、クラウドって事は仮想サーバなんだから障害対策はユーザ側には不要 と言う誤解。
仮想サーバですから、確かにリソースがデータセンター側に余っていれば再稼働は可能です。
但し、それもデータがちゃんと残っている場合。

DISK位今時はRAID組んでるでしょうも。ならやっぱり障害対策はいらんやん、と思われるでしょうが、現実にはRIDを組んでいても、壊れるときには壊れます。
RAID構成は障害発生時のダウンの確率は下げますが、ダウンしない・させない仕組みではありません。
実際、上述の「Amazon EC2」では、2011年04月21日にDISK障害によりサービスが長時間ダウンすると言う事態を引き起こしています。
(まあ、このケースは結局DISKの領域不足がトリガーになってたりするのですけどね)

今のハードディスクは安価・高速になった代わり(と言う事でもないと思いたいのですが)に、故障しやすくなってます。特に高速動作が要求されるサーバ用DISKについては、RAIDを組まないと怖くて運用できないってのが現実です。
新規に導入したお客様でDISKが稼働半年以内に壊れるってのも、それほど珍しい事ではありません。
当然、RAID構成ですので、業務に大きな影響もありませんし、交換出来るタイミングで交換するって感じです。

で、気になっているのは、日本企業でクラウド導入が進んでいった時に、クラウドだって障害対策は必要と言う意識を持てるのか?って疑問です。
今のところ、パブリッククラウドについては、データの安全性(漏えいとか)を懸念されて、プライベートクラウド商談がメインで、パブリッククラウドはOFFICEとかMAIL位なのですが、今後、パブリックでメインの業務を動かすとなった場合に、プライベートクラウドとパブリッククラウドは違うんだ と言う事を認識してもらえるのか?

これからクラウドを検討される場合、もしくはクラウドを販売する場合には、是非とも次の事を肝に銘じてほしいです。
クラウドは「障害が起こる」前提で使う

【以下は、上記の内容をGoogleの自動翻訳した結果を若干訂正した文章です。表現がおかしい個所もあると思いますが、ご容赦下さい。
The following is the text slightly corrected the results of what Google's automatic translation of the above. I think there is something wrong with the representation of place, please forgive us.】

After thinking it over carefully -347:Japanese users - I could not accept-

IT (recently referred to as ICT: http://www.sophia-it.com/content/ICT) to the "should be obvious that it is ready," said the service, even cloud Kimashi finally in place other.

- Cloud "fails" - use the assumption
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111122/374829/

"Cloud is the first place, the benefits can be reduced to load the user's operating system. Therefore, we need reliable information about a certain percentage off. "

"" Among the IaaS that many features protection against the most abundant "(Mr. Teruo Adachi charge of production infrastructure in SonicGarden venture company in TIS) of being the eyes and the Amazon giant IaaS " Web Services provided by the "Amazon EC2" it.

With EC2, you can back up virtual machine data in multiple ways "

"SaaS provides the form, IaaS, PaaS of cloud services can be divided in three types of PaaS, which features automatic fault tolerance than IaaS. Google's "Google App Engine (GAE)" in the user's data is stored in two locations in the data center standard. PaaS for Microsoft Corp. "Windows Azure Platform" if the virtual machine aborted is restarted automatically.

Together in providing SaaS applications and virtual machines, hardware or software fault tolerance, all operators who have implemented cloud. Conversely, a user can do little to prepare for failure.

Currently, there is insufficient protection against Cloud services are few. If such services are essential for self-defense measures and be sure to also store data locally. "

A common misconception, because the cloud is a virtual server configuration, the user will say I do not need protection against misunderstanding.
That the virtual server, the server running again if you can afford at the data center.
However, it remains only if all the data.

Ranks these days is going to get crossed DISK RAID. If the measures should be unnecessary disability, but you might want to, even though in reality formed a RID, when broken will be broken.
RAID configuration is lower down the probability of a disaster, the mechanism is not not down.
In fact, the aforementioned "Amazon EC2" So we go down for a long time causing a service failure situation on April 21, 2011 DISK.
(However, this case could trigger a shortage of space DISK)

Faster hard drive now instead of cheaper (and Not to say I hope not), and prone to failure. For DISK for servers that require high-speed operation, especially the reality is not afraid'll not operate RAID.
DISK is running within six months of break in new customers introduced, in the not too uncommon.
Of course, since the configuration is RAID, and there is no significant impact on business, it can be exchanged at exchange time.

I have become concerned about the clouds when the Japanese company to introduce advanced, fault tolerance to the cloud must say I can own consciousness? The question says.
So far, about public cloud, data security (like leakage) is concerned, the main opportunity private cloud, public cloud is a MAIL or OFFICE, future, if you run a business in the main public and private and public cloud or cloud to get to know the difference and say?

When considering the future of cloud, or cloud if you want to sell is hope that the following in mind by all means.
"Cloud" fails "using the assumption"

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらつらと思いつくままに 〜その347:日本ユーザには受け入れられないかも〜  続・SE徒然記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる