続・SE徒然記

アクセスカウンタ

zoom RSS つらつらと思いつくままに 〜その350:名経営者になりたいならビジネス書は読むなww〜

<<   作成日時 : 2012/01/18 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この連載も350回目となります。
2007年12月7日に第一回の投稿をしてから、丸4年が過ぎた事になります。
よくまあ続いたもんです。
今年中に400回まで行くと良いなぁとか思ってます。

さて、本題です。
【「絶対に読まないのは経営の本」 〜キリンビール・松沢幸一社長】
http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20120112/226066/

記事そのものはぶっちゃけどうでもいい(マテ^^;;)のですが、現役経営者の言葉として注目は以下の部分。
絶対に読まない本はいろいろな経営の本。自分に役に立つとか、そんなことを考えたら、読み続けられない本ってあるでしょう、途中までで。それはもうすぐやめた方がいいですよ。

日産の名経営者と言って良いカルロス・ゴーンも同様の事を発言しています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110727/221701/?P=6

私は普段からビジネス書を読みません。嫌いなんです。ビジネス書は読みたくない。例えば歴史書とか、推理小説とか、あるいは何か発見の話とか、科学の本とか……。何か学べる本は読みますが、経営書は読みません。退屈ですから。

F:それは意外ですね。ビジネス書、経営書の類はご覧にならないのですか。いま日本ではピーター・ドラッカー氏の書籍が大変なブームになっていて、それこそ女子高生でも読んでいるのですが、ご興味はありませんか。

G:ドラッカー氏は素晴らしい人物だったと思います。いろいろ著作があることは存じ上げていますし、多くの経営者をサポートされた方なのだとも思いますが、私自身はその1人ではありません。


念のために言っておきますが、経営について無知で良いと言う話ではありません。
貸借対照表とかキャッシュフローだとか、経営に必要な数値が読めないと話になりませんが、それは会計領域の話し。経営について他社(もしくは他者)から学べるって思うのは、個人的には勘違いだと思ってます。

勿論、ビジネス書大好きな経営者もいらっしゃいます。ドラッカーの信奉者って人も沢山いらっしゃる事でしょう。
先の見えないビジネスの世界で、先人の知恵を借りたいと思うのは無理からぬ話ではあります。
ただ、思うにビジネスで成功する人ってのは、ビジネス書好きであっても鵜呑みにしないのだと思います。

先人の知恵に習うのは良いとして、その通りになぞっていては先人を超えることなど不可能。
場合によっては時代に合わないケースもあり、業績を落とす一方って事もあるでしょう。
要は応用力だと思います。
今目の前の現実と先人が相対した現実は、もしかしたら同じように見えても絶対に何かしらの違いがあります。
その違いを意識して、企業活動に活かすのが経営者。過去を踏襲するだけではじり貧です。

どんな企業でも同じでしょうけど、経営層の役割は決断する事。
何かをしない(=しない事による結果責任を取る) と言う事も含めて決断です。
それが出来る人が、名経営者たりうるのでしょうけどね。
外ればかり引く経営者もいるでしょうけど、何もしないと言う決断すらしない経営者よりはましでしょうww。

【以下は、上記の内容をGoogleの自動翻訳した結果を若干訂正した文章です。表現がおかしい個所もあると思いますが、ご容赦下さい。
The following is the text slightly corrected the results of what Google's automatic translation of the above. I think there is something wrong with the representation of place, please forgive us.】

After thinking it over carefully -350:If you want to be managers, business books are read - Do not

This series will be the first 350 times.
Then the first contribution on December 07, 2007, four full years have passed.
This is followed by only dare.
I wanted to go up to 400 times of the year.

Now, is our subject.
- "Never read a book of business" - President Koichi Matsuzawa - Kirin Brewery
http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20120112/226066/

The article itself is not matter, as the words of notable part of the following active management.
"Never read a book of this different management. Given solved as to help yourself, there will not continue reading What is this, at halfway. You'd better quit it soon. "

Similar remarks have executive Carlos Ghosn, Nissan's name.
(Http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110727/221701/?P=6)

"I do not read business books regularly. I hate. I do not feel like reading a business book. Toka history books could for instance detective story, the story of finding something or Toka, Toka science book .... Learn what books are read, write business does not read. From boring.

Interviewer: That's surprising. Business books, the kind of document do I need to look at management. If Japan is now a great boom in Peter Drucker's books, I have read in high school girls what it does or not interested.

I think it was a wonderful person Mr. Drucker. Work is that there are many I know, but I think that he also supported a number of management itself is not one of them I'm not. "

For the record I should say, in talking about the business say ignorance is no good.
That cash flow or balance sheet Toka, but will not read the numbers needed to talk to management, it is talking about the accounting area. For other business (or others) will learn from and I think, personally I think mistaken.

Of course, some managers favorite business books. It will have plenty of followers of Drucker.
In the business world where invisible, and I borrow the ancient wisdom of not talking is understandable.
But I think the people who succeed in business, think like business books do not just take it.

The ancient wisdom is good to learn, if not acting as such can not exceed its predecessors.
Fit the times in some cases, you may say that while the performance drops.
The applied force needed.
Facing reality and the reality in front of the ancestors, there are some differences appear to be absolutely the same temporarily.
Aware of the difference, the advantage of management's business activities. Just follow the past is dwindling of business.

Is the same in every company, the role of management is to be decided.
Not something (do not take responsibility for the results of =) is also included decision said.
People it can, what you could name owner.
I would just draw out some managers, executives from the decision not even say anything is better not substantial.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つらつらと思いつくままに 〜その350:名経営者になりたいならビジネス書は読むなww〜  続・SE徒然記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる